"こころ"の通訳 Momo ホーム ≫ プロフィール

プロフィール

Momo

百武 富絵 (Tomie Hyakutake)
1959年 福岡県生まれ / 水瓶座

趣味:バードウォッチング
特技:中国語
資格:中国語通訳案内士 (Cert.No.CH00006)

幼少期よりオーラが見え、動植物と会話をするなどの不思議な体験を繰り返す。
2010年3月、『無明の中で苦しんでいる人に一筋の光を与えるのが本来の役割である』とのメッセージを縄文時代の意識体より受け取る。
当時、団体役員として勤務していたが、変形性股関節症のため歩行が困難となり、2011年1月に手術を受ける。
その後1年間リハビリ中心の毎日を送る。
2012年4月より悩める人に対して魂からのメッセージを伝える"こころ"の通訳(メッセンジャー)に専念することを決意し、対面相談を中心に広島で本格的な活動を始める。

ごあいさつ

子どもの頃、「私は目的があってこの世に生まれてきた」と自覚していました。
しかし、それがどんな目的なのかは分かりませんでした。
当時、私は草や木の葉や石、鳥や魚と心でコミュニケーションし、私の質問に対してまわりの自然はいつも分かり易く説明してくれました。私はまるで縄文人のように森羅万象と対話しながら成長しました。

2010年3月14日深夜、手が勝手に動き出しノートに文字を記す「自動書記」による対話が始まりました。
私の対話の相手は一体誰なのか全く分かりませんでした。そこで「あなたは誰ですか?」と尋ねてみると「深い森が守護神。縄文の森。そこにいる全ての生命エネルギー。自然力。原始の力。」と伝わってきました。
そして、私は相談者の質問に対して、相談者の"こころ"の奥にある「魂」=「第二の太陽」からメッセージを受けとり相談者にお伝えする活動("こころ"の通訳)を始めました。

「"こころ"のコリ」(悩み、心配事など)を感じている方はぜひご相談下さい。
「話すこと」は「放すこと」に繋がります。あなたの魂の声は愛に溢れています。

私がこの世に生まれてきた目的は、皆さんが楽しく幸せに生きるお手伝いをすることだったのだとようやく思い出す事が出来ました。

2012年4月 Momo